メインコンテンツに移動
就農に向けた準備をサポートするサービス

みやぎ就農ナビ

こだわりの「いち氷」を私達の手で届けたい

こだわりの「いち氷」を私達の手で届けたい

  • 株式会社 燦燦園さんさんえん
  • 代表取締役 深沼陽一 さん
今回ご紹介する「いち氷」とは、累計販売数25万個を超え、夏期のイベント出店では長蛇の列ができる程の大人気商品です。
この商品の生産、販売元である宮城県山元町の株式会社燦燦園の代表取締役であり考案者でもある深沼陽一さんから、ヒット商品の誕生秘話を伺いました。(今回、読者限定で、冬でも購入できる情報や割引特典もいただきました)

原点は、昔、母が作ってくれたイチゴジュース

「いち氷」の開発のきっかけを教えてください。
3年くらい前は、イベントにケーキ屋さんと一緒につくった商品を10品ぐらい出していました。売行きとしては普通のケーキ屋さんがイベントで売るくらいの数は出ていました。しかし、何かしっくりこない。「これは、本当に農家らしい商品なのか?」と疑問を抱きました。私達は、イチゴの農家らしく「(自分の作った)イチゴだけで商品を作りたい」と思い始めました。

(イベントに出店期間中の)すごい雨の日の夜中でした。事務所で、幼なじみでもある専務と、幼いときに私の母が作ってくれたイチゴを削ったジュースの事を思いだしていました。「あんとき、ああだったよなぁ」などと言いながら、冷凍してあった甘熟のいちごを削ってみたんです。それを二人で食べてみたら「ヤバい、うまい!これだよ!」となったんです。そこからは、さらにイチゴを増したくてうちの甘熟ジャムを追加したり、それならば、やはりイチゴには練乳がつきものでしょう、という事で、練乳をかけたり。そうやって、今の「いち氷」の原形が出来上がったのです。

これを早速、次の日のイベントで出しました。実は、その日は大雨が降っていたのですが、寒い中、何度も買いに来てくれるお客さんや「おいしい!」と驚きを交えて感想を言ってくださるお客さんもいて、すごく嬉しかったですね。イベントが始まってすぐに「あ、これは(昨日までとは)違うなぁ」と手ごたえを感じました。

イベントは、途中2時間半ぐらいで中止になったため、来場者数は500人程度に留まったのですが、そんな中でなんと「いち氷」は380個も売れたのです。来場者のほとんどが購入した計算になります。

そこで、他の商品をいったん止めて「いち氷」の販売に一本化する事にしたんです。


「いち氷」のこだわり

商品は、どういったところに、こだわっていますか。
商品のコンセプトは、ふんだんにイチゴを使うことです。私達はイチゴ作りには絶対の自信がありますが、中でも、スーパーやデパートには卸せない程に熟したその日が最高に美味しい状態の完熟イチゴ”甘熟ほがほがイチゴ”だけを使用する事に、こだわっています。ジャムにもこだわっています。ひとくち目に「うまい!」と感じてもらえるように「自家製甘熟ほがほがイチゴジャム」を使っているんです。

ファンになってもらうまでには時間がかかりますが、嫌われるのは一瞬です。ですから、手を抜かず、原材料にこだわった商品作りを心がけています。

農業で大切なのは、お客さんとの信頼関係ですから、常に、お客さん目線で、イチゴをつくり、提供する。それを実現するために、直接自分たちの手で売ることにもこだわっているんです。


これからの「いち氷」

今後、どんなことを実現したいと思っていますか。
来年には、仙台に私達のショップをつくり、「プレミアムのいち氷」を提供したいと思っています。現在、宮城県内の様々なケーキ屋さんと企画、準備中です。通常のイベントでは、レギュラー品を販売しますが、ショップでは「プレミアムのいち氷」を限定販売する予定です。

また、このショップで「甘熟ほがほがイチゴ」も提供したいと思っています。(一般流通の)スーパーやデパートで買うイチゴとは全然味が違いますので、「今日中に食べて下さい」と堂々と貼って、最高の美味しさを提供して行きたいと考えています。

次の夏まで、いち氷を待てない方に

手に入れる手段は、何かありますか。
イベントは、3月ぐらいから9月頃までです。
3月からのイベント開始まで待てない方は、私達の会社にご連絡をいただければ、販売はできます。
また、こちらから、お申込みいただくと購入することができます。

みやぎ就農ナビのご利用者限定で、500円の割引クーポンをプレゼントします。
詳細は、こちらをご確認後、お申込みください。
いかがでしたでしょうか?
燦燦園は、農家らしい商品を追求し、こだわりをもって商品の開発に取り組んでいます。
そのこだわりから「いち氷」が誕生しました。
そして、そのこだわりは消費者にも伝わり、累計販売数25万個の大ヒット商品に成長しています。
さらに、進化し続ける「いち氷」や「燦燦園の取り組み」にこれからも注目していきたいと思います。
(写真/文:みやぎ就農ナビ編集チーム)
プロフィール
  • 深沼 陽一さん
  • 株式会社 燦燦園さんさんえん 代表取締役
  • ホームページ:http://sunsunen.com/