メインコンテンツに移動
就農に向けた準備をサポートするサービス

みやぎ就農ナビ

 

平成30年度「みやぎ農業見聞のつどい・夏」

開催要領

 
  1. 目的
    農業を魅力ある産業として再構築していくためには、地域における青年農業者の確保育成が喫緊の課題となっています。また、担い手の確保にあたっては、農家子弟だけでなく、非農家出身の方や、他産業への従事による豊富な経験や知識を持つ方など、幅広くやる気のある優秀な人材確保も重要となっています。
    そのため、公益社団法人みやぎ農業振興公社では、他産業に就業しながら新規就農を希望している方などを対象に、「みやぎ農業見聞のつどい」を開催し、宮城県の農業・農村への理解を深めていただくことを目的としています。
  2. 主催
    公益社団法人 みやぎ農業振興公社
  3. 共催
    宮城県、一般社団法人 宮城県農業会議、宮城県農業協同組合中央会
  4. 開催日時及び集合場所
    催日時:平成30年6月30日(土)午前8時30分~午後4時50分
    集合場所:JR仙台駅 東口2階ペデストリアンデッキ広場
  5. 見学場所
    宮城県仙台市太白区および黒川郡大衡村
  6. テーマ
    「新規就農準備 今、私のやるべきことは?」
    ~視察農家や参加者と交流しながら考えよう~
  7. 内容
    3名の先輩農業者を訪問し、ほ場等を見学しながら意見交換を行います。
    また、昼食時には、川崎町で就農した佐藤大史氏からお話を伺います。
     
    1. 仙台市太白区:くまっこ農園
      渡辺 重貴 氏
      海外でのNGO活動後、帰国し会社勤めをしたが、農業への想いが強く、就農を決意。野菜の有機栽培にこだわり、JA仙台農産物直売所「たなばたけ」等で販売するほか、通勤農業を逆手にとり、農地と自宅の間を納品・配達先として、消費者に直接販売している。
       
    2. 仙台市太白区:(株)ベジランド佐藤
      佐藤 純 氏
      トマトを中心に化学肥料を極力使わない栽培に取り組んでいる。40年以上にわたりみやぎ生協と取引を行い、平成26年には、宮城県担い手育成総合支援協議会の専門家派遣支援を活用して、家族経営を発展させ法人化した。技術の向上、新たな販路の開拓とともに正社員の雇用・育成を行って事業の拡大を目指している。
       
    3. 黒川郡大衡村:國府 雄人 氏
      就農して5年目。仙台市からの通勤農業。大学卒業後、東京で就職の後、仙台に戻り、青果業界でマーチャンダイザー(仕入れ販売係)として販売調査や物流業務を行っていた。しかし、震災をきっかけに就農を決意。研修中の農地探しは難航したが、大衡村で農地を借り、就農。経営として成り立つ農業を目指している。
       
    4. 柴田郡川崎町:佐藤 大史 氏
      就農3年目。奥様も1年遅れで就農し、農薬・化学肥料を使わない野菜作りに夫婦で取り組んでいる。少量多品目の周年栽培を行っていて、宅配を販売のベースとしている。廃校となった小学校でオーガニックマーケットを主催し、消費者との交流も積極的に行っている。
  8. 参加申込及び参加経費等
    1. 募集定員・・・20名
      ※応募者多数の場合は、抽選とし、45歳未満を優先とさせていただきます。
       
    2. 参加申込締切・・・平成30年6月20日(水)
       
    3. 申込方法・・・必要事項を記入のうえ、郵送またはFAX等で申し込み下さい。
      平成30年度「みやぎ農業見聞のつどい・夏」開催要領(419KB)
       
    4. 申込先・・・〒981-0914 宮城県仙台市青葉区堤通雨宮町4-17
      公益社団法人 みやぎ農業振興公社
      電 話: 022-275-9192 FAX:022-275-9195
       
    5. 参加経費・・・参加者一人1,500円(バス代・保険料・昼食代等含む)
      ※集合場所までの交通費は、自己負担となります。

 

視察先

 

くまっこ農園 渡辺 重貴 さん
農薬・化学肥料を一切使用せず多品目の野菜を生産。JAの直売所やあいコープのほか、こだわりの消費者に宅配で販売。 農地と自宅の間が納品先となっていて、効率良く直接販売を行っている。
株式会社 ベジランド佐藤 佐藤 純 さん
化学肥料を極力使わずにトマトを中心とした野菜を栽培。40年以上みやぎ生協と取引を行い、生協独自のGAPも取得。平成26年に法人化。
自宅を改装したレストランでの新鮮な旬の野菜を使ったランチが大好評。
國府 雄人さん
就農して5年目。仙台市からの通勤農業。青果業界で販売調査や物流業務を行っていたが、震災をきっかけに就農を決意。研修中の農地探しは難航したが、大衡村で、就農。経営として成り立つ農業を目指している。

昼食時のゲスト

佐藤 大史 さん
就農3年目。奥様も1年遅れて就農し、農薬・化学肥料を使用しない栽培を行っている。宅配を販売のベースに廃校となった小学校でオーガニックマーケットを主催し、消費者との交流を図っている。

行程表

平成30年6月30日(土)

時間 内容 場所
8:20~ 受付開始 JR仙台駅東口2階ペディストリアンデッキ広場
8:30 集合  
8:40 出発 中型バスで移動
9:25 現地研修 【視察先①】くまっこ農園 渡辺 重貴 氏
仙台市太白区秋保町
露地・施設野菜(農薬・化学肥料不使用)
10:15 出発・移動  
10:35 休憩・見学 秋保ヴィレッジ アグリエの森
仙台市太白区茂庭字中谷地南32-1
10:55 出発・移動  
11:20 現地研修 【視察先②】(株)ベジランド佐藤 佐藤 純 氏
仙台市太白区柳生
土耕栽培のトマトのほか葉菜類等
11:50 移動  
12:00 昼  食 柳生旬彩ひだまり
仙台市太白区柳生6-13-1
TEL022-778-0690
12:40 意見交換・交流会 先輩農業者と意見交換~就農へのアドバイス~
ゲスト 柴田郡川崎町 佐藤 大史 氏
露地・施設野菜(農薬・化学肥料不使用)
13:40 出発・移動  
14:30 現地研修 【視察先③】國府 雄人 氏
黒川郡大衡村大衡字金谷
露地・施設野菜
15:20 出発・移動  
15:25 休憩・見学 万葉・おおひら館
黒川郡大衡村大衡字鐙沢12-2
15:45 出発・移動  
16:45 到着 車中にて閉会あいさつ(アンケート記入・回収)
16:50 解散 JR仙台駅東口「貸切・送迎バスプール」

 

 

お申込み

 

 

情報発信者:公益社団法人 みやぎ農業振興公社