メインコンテンツに移動
就農に向けた準備をサポートするサービス

みやぎ就農ナビ

夏いちごのブランドの拡大と栽培者の育成に尽力

  • 有限会社 杜のいちご
  • 取締役会長 山口 勝敏 さん
  • 所在地:宮城県刈田郡七ヶ宿町字栗原42番地2
  • 事業内容:農産物の生産・加工・販売、農作業の受託、農業資材の製造・販売
  • 特徴:主に「夏いちご」の栽培・販売をしております。栽培指導を行い、管理を計画的に行っております。

事業内容

事業概要を教えてください。
主に、業務用の「夏いちご」栽培、販売をしております。
夏いちごの場合は、8割ぐらいが輸入いちごです。
アメリカのカリフォルニア州からの輸入が現状多いです。あとは、韓国やニュージランド等からも入ってきています。
その中の2割ぐらいが国産で、一部が私たちの夏いちごです。
安心・安全・高品質な4種類のいちごジャムを作り、直売所、道の駅等で販売しています。
それとは、別に杜のはうす株式会社として、ハウスの建設事業も行っています。

会社の歴史は?
実は、平成5年(当時43歳)に、脱サラしまして、宮城県七ヶ宿町に新規就農しました。
出身は、愛知県です。愛知県からこちらに、いちごを作りたくて来ました。
まったく農業経験なしでの新規参入でした。
七ヶ宿町で新規就農・移住を決めたのは、たまたま、田舎暮らしの本を購読していて、七ヶ宿町のことを知ったのがきっかけです。平成8年に有限会社南蔵王ベリーファームを設立しました。
現在は、有限会社杜のいちごとして、環境王国の認定を受けた水源の町「七ヶ宿町」で標高400mの夏季例冷涼な気候を活かし「夏秋いちご」を中心に鉄骨ハウス21棟(2,555坪)、約54,000株の苺を栽培しています。

販路は?
東京が6割以上ですね。
あとは、名古屋とか仙台、ケーキ屋さんですね。
仲卸で、いちご専門の仲卸さんに出しています。

どのようにして、販路を確保したのですか?
種苗会社からの紹介で販路を確保しました。
いろんな情報を得て、交渉してきました。
以前は、農協を通して出荷してきたこともありましたが、現在はすべて独立で出荷・販売しています。

求める人材

どのような人材を求めていますか?
作業管理できる人材が欲しいですね。
七ヶ宿町は、宮城県内で一番人口が少なく、高齢化率も高いです。
我々が当初からお願いしてきたパートさん達も高齢化しています。
全然人手が足りなくて、現在はモンゴルから研修実習生を受け入れています。
関連会社含め、6人を受け入れています。また今度、追加で6人研修生が来る予定です。
社宅(戸建て)が、8軒あります。
1軒に3人ずつぐらい住み、自分達で自炊してもらっています。
まだ空きはありますので、インターンシップのような形で受入れ可能です。

農業を仕事にしていくためのアドバイス

若い方へメッセージを
作業面よりも環境制御関係や経営(生産管理)を担える人材を求めています。

(写真/文:みやぎ就農ナビ編集チーム)