メインコンテンツに移動
就農に向けた準備をサポートするサービス

みやぎ就農ナビ

後継者を育て、地元農業の発展に貢献

  • 株式会社イグナルファーム
  • 代表取締役 佐藤 雄則 さん

プロフィール:平成16年4月、大手建設会社を退社し、「自分で何かやりたい!」という思いから就農(イチゴ栽培、水稲)。
平成23年12月に「株式会社イグナルファーム」を設立。

共に“いぐなる”ために。震災を機に地元生産者で起業

 平成23年3月11日、東日本大震災で被災した宮城県東松島市。
大切な家族の生命、財産、生業を奪われ、農地や園芸施設に壊滅的な被害を受けた4人の若手生産者が農業の復興と持続可能な地元農業の発展の実現のために平成23年12月「株式会社イグナルファーム」を設立しました。
 社名の「イグナル」は方言で「良くなる」の意を表しています。
この社名には、農産物を通して、お客様の気持ちや健康、地域農業や自然、一緒に働いている従業員や会社、全てが「共にイグナル(良くなる)」よう願いが込められています。
 株式会社イグナルファームについてお聞きしました。
農業経営の基本方針を教えてください
当社では、「イグナル(良くなる)」ために「魅力ある農業を創造し、共に進化し続ける」ことが大切であると考え、これを経営方針としています。

経営方針:
「Creation of fascinating agriculture~魅力ある農業の創造」
『魅力ある農業を創造』し、「共に進化」し続けます。
「イグナルファーム」のこだわりについて教えてください
当社では、キュウリ、ミニトマト、イチゴ、長ネギの栽培を行っています。
また、販売先は、市場・仲卸・セブン&アイ・イオン・イトーヨーカ堂・コストコなど様々です。
ローソンと共同で「ローソンファーム石巻」も設立運営しています。ローソンも販売先です。

1.安心安全、高品質な農産物の生産
 当社は、国民の命の糧である農産物を生産することで、社会貢献します。
また、グローバルGAPの認証を受けています。食品の安心安全、自然環境の保全、適切な労働環境に配慮し、持続可能な農業に取り組むことで、信頼性の向上、企業価値の向上を図ります。

2.新しい技術の導入
 園芸施設(ハウス)のICTを導入した複合制御栽培を行っています。
特に、キュウリのベンチ式栽培を導入しているのは珍しいと思います。
新しい技術を導入することで、安定生産、品質の向上、作業環境の改善を行っていきます。

 こだわりの根底にあるのは「よい農産物を多くのお客様に食べてもらいたい」という思いです。これが、魅力ある商品・サービス提供につながっています。
これからの目標を教えてください
 現在、2つの目標があります。
1.地元の農業を持続可能、発展させ、さらに地元雇用を創出します。
今年の10月頃、宮城県大郷町で、ミニトマト、ネギを栽培する「イグナルファーム大郷」の事業を始めます。

2.後継者、独立者の育成を行います。
独立した方、地元の農業者など、パートナーとして生産していただき、グループ化をはかり、地元の農業を発展させて行きます。
将来、独立したい人向けに、どのような支援をしていますか
 当社に就職してから独立する人、研修で学んでから独立する人の2パターンがあると思います。独立するまでに、1年なのか2年なのかは本人次第ですが、栽培技術はもちろんのこと、ハウス建設の支援や土地探しする際に、一緒に自治体等の関係機関へ相談しに行くなど全面的に協力していきたいと思っています。
 主に以下のような研修内容や支援を行っていく予定です。

就農支援範囲
  • 栽培技術
  • 営農地選定
  • 補助事業等の紹介、市/県への相談
  • 資金繰りのアドバイス
  • 独立時のハウス建設(賃貸)支援
  • 独立後の栽培技術等のアドバイス
  • 生産した農産物の販売のサポート
  • ハウス建設
  • 作物に適した、ハウス設計仕様、工事業者等選定を支援
  • 栽培方法
  • ICTを活用した栽培施設で「見える化」により栽培作物の具体的な生育方法技術を習得できます。
  • 販売
  • 品質基準に応じた価格で、全量買い取ります。販売の心配はありません。
  • 研修内容
  • 実地研修
  • 講義等
  • 研修場所
  • 栽培研修は1年間です。東松島市の宿泊施設があります。


  • 求める人材を教えてください
     「夢」や「目標」がある人を求めています。基本的には、植物を育てないとお金になりませんので、「植物をよく観察し、疑問に思ったことをすぐに解決できる人材」、「自分で勉強して解決できる人材」を育てていきたいと思っています。また、そうなりたい方を求めています。

     どのような仕事でも同じことが言えると思いますが、目標や夢があるなら、達成するために頑張ろうという「気持ち」があることがとても大切です
     先ほど、社員が共通して「気合い」と「根性」が大切と言っていましたが、彼らは具体的な夢や目標をしっかり持っていて、ものすごく早く成長しました。

     繰り返しになりますが、「夢」「目標」をしっかりもっていて、「行動」「実行」できる方に、来ていただきたいと思います。一緒に農業をしましょう。
    (写真/文:みやぎ就農ナビ編集チーム)