メインコンテンツに移動
就農に向けた準備をサポートするサービス

みやぎ就農ナビ

「就農」ってよく聞くけど、どういう意味?

就農とは

最近、農業が注目されている中、「就農」ってよく聞くけど、どういう意味?
なんとなく農業を仕事にすることだと思うけど、具体的にどんなことをするのか、何から準備すればよいのか、疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。
就農はじめてさんのよくある疑問3点をご紹介します。


Q1.就農って、なぁに?

就農とは「農業を仕事にすること」です。 就農には、大きく分けて2通りの方法があります。

自分で農業を始める
(独立自営就農)
農業を営む土地を見つけ、経営者として農産物を育て出荷する方法。
もっと詳しく知りたい
農業法人に就職する
(雇用就農)
農業を営む農業法人などの会社に入社し、従業員として働く方法。
もっと詳しく知りたい

農業の知識や技術を持たない場合は、農業大学校等の農業研修教育施設や先進農家・農業法人等で研修してから、本格的に農業を開始するケースがほとんどです。
農業法人等に就職した(雇用就農)の方の中には、経営の中で部門担当者となり総務や企画、営業、販売等に関わるケースや共同経営者となるケース、何年か従業員として経験を積んでから、独立するケースもあります。
自分にあった就農のスタイルを探しましょう。



Q2.就農に向けた準備は、何から始めるとよいの?

まず、はじめに考えることは「自分がやりたい農業のイメージを固めること」です。
ひとことで、「農業」と言っても、以下の通り様々な種類があります。

耕種農業(土を耕して作物を育てる)
稲作 米をつくる
畑作 麦や大豆、とうもろこしやイモなどをつくる
果樹 りんごやいちごなど果物をつくる
花き バラや菊、チューリップなどの花をつくる
野菜 きゅうりやトマト、ニンジンや玉ねぎなどの野菜をつくる
畜産農業(家畜を育てる)
大家畜(牛、馬) 肥育・繁殖(肉)、酪農(生乳)
中家畜(豚、羊) 肥育(肉)
小家畜(鶏) 採卵、ブロイラー(肉)


国内生産額の約7割が耕種農業で、約3割が畜産農業です。
また、生産した作物や畜産物を食品加工するなどして付加価値を高める 経営多角化も進んでおり、生産(一次)×加工(二次)×販売(三次)まで一環した取組を「6次産業化」と呼んでいます。
事業内容は、食品加工(漬物、菓子)、直販、レストラン、農業体験・交流など農業の楽しさと事業としての高い可能性を有しており、注文を集めています。
農業では、作物や家畜の種類を「作目」として分類します。 どの作目を選ぶかによって農業経営のやり方、仕事の内容が変わってきます。
「自分が農業を仕事にするなら、何を作ってみたいか?」をイメージし 情報収集することが、就農への第一歩です。

本サービスでは、農業を仕事にするためのステップを整理し効率的かつ効果的に情報収集ができるように、就農ガイドをご用意しましたので、ぜひご活用ください。
もっと詳しく知りたい



Q3.就農で失敗する人、成功する人の違いは?

自治体等の就農相談窓口の専門家(宮城県新規就農相談センター)に確認した結果、大きく次のような傾向にあることがわかりました。

自分で農業を始める(独立自営就農)の場合(抜粋)
失敗する人
成功する人
  1. 受け身の人
  2. 人の話を聞かない人
  3. 人の話を鵜呑みにする人(自ら考えないで、人任せ、何かあったら人のせいにする人)
  4. 何をつくりたいではなく、何がよいですか?の質問をする人(自分の考えと判断に責任を持てない人)
  5. 問題意識がない人
  6. 生産技術を習得する対応力や吸収力がない人(はじめから技術がなくてもよい)
  7. ビジョンや目標を明確に持っていない人
  1. コミュニケーションがうまい人
  2. 人の話をよく聞く人
  3. ビジョンがあり、問題意識を持ち、自ら積極的に行動できる人
  4. ※補足:自己資金はなくても、「運」や「コネクション」があれば、ちょうどよい物件を安く借りることができれば、成功する。例えば、ハウスが倒れたときに、手伝ってもらえるか、もらえないかで資金に影響するので、日頃からの人付き合いが大切。
もっと詳しく知りたい 農業法人に就職する(雇用就農)の場合(抜粋)
失敗する人
成功する人
  1. 人付き合いが悪い人
  2. 元気な挨拶ができない人
  3. 疑問に思ってもすぐに聞かない人
  1. 農業に対する熱意、やる気がある人
  2. 元気な挨拶ができる人
  3. 疑問に思ったらすぐに聞く人
もっと詳しく知りたい